スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダちゃんというワンちゃん

中山「カフェ楽舎」の展示会の折オーダー頂いたシーズー犬のパンダちゃん
残念ながらもう天国へ行ってしまったのですが
おとなしくて素直で優しい男の子だったそうです

飼い主様の愛情を一身に受けていたのがお写真からもよ~く分かりました

10歳のころから白内障になり全く見えなくなっていたそうですが
今回はまん丸な真っ黒お目目のまま再現させていただきました






もっとふんわりと愛らしい耳を外側にふくらましたいところですが…
キャンバスは丸石
思うように表現できないのが少々もどかしくもあります

こんなときはやっぱり平らなキャンバスに描きたくなります

横から見ていただければちゃんと耳も垂れているんですがね~^^






コメントの投稿

非公開コメント

ふさふさと(^^)

こんばんは☆

今日は涼しくて、おだやかな一日を
過ごしていました。

わぁ~
この子が 生みの苦しみを乗り越え
誕生したシーズー君ですね。

この耳のあたり
なんと立体的なふさふさ感・・・
指で触れたら驚くかもしれませんね!

パンダ君も飼い主さんもきっと
錦庵さんに描いてもらえてよかった~と
思ってくださるのではないでしょうか(^^)v

何年かあとに
もしも このパンダ君石に再会したなら
ディテールの一つ一つに思い出すかもしれませんね
いろいろ考えながら描きあげた日々を

Re: ふさふさと(^^)


>みなりんさん

有難うございます^^

でも、実はこの撮影あとも修正を加えています
写真にするとまた新たな気になる箇所がいつも出てきます

自分が納得いくまでにはかなりの時間がかかってしまうこともしばしば
申し訳ありませんが納得できないままご納品することも…

多分コレは丸石という形態が犬を描くには適していないと言うことかもしれません

悶々。。。

かくして私の苦悩は永遠に続くのでありました(笑)

プロフィール

錦庵

Author:錦庵
こんにちは!錦庵と申します
この度は当ブログをご覧頂きありがとうございます

4人の子供が独立したことを機に長年の夢であった
レンタルボックス「月箱」を2006年10月に渋谷にオープン致しました
http://www.tsukibaco.com/
そこには総数1100名以上の作家さんが全国から集い
私自身も大きな刺激を受けました

元々何かを作ることは大好きでしたので当初は石に千代紙や布を貼りペーパーウェイトを作っていましたが…
2009年3月愛猫(15歳)が体調を崩し動揺する心の中で
せめて石にこの子の姿を残しておこう!と作ったのが”石猫”の始まりです

幸い石猫に描いてから愛猫はすっかり元気になり家の中でスキップしています(笑)

極小の「じゃりにゃんこ」を含め現在に至るまで900匹以上の石猫を製作し、ほとんどの石猫が嫁ぎ皆様に愛されています



===============

オーダーも常時承っています。
ご希望の方はお気軽に
下記までメッセージをお願い致します。


nishiki@tsukibaco.com


詳細につきましては御相談にも応じます。

また、オーダー頂いた作品につきましては当ブログや作品紹介帳などでご紹介させて頂きますのでご了承ください。

===============


通常販売は「月箱」と中山法華経寺参道にある「カフェ楽舎」のみですが東京ビッグサイトで年二回開催されます「デザインフェスタ」にも出展しています

これからも石というキャンバスの可能性を更に追求していきたいと思っています

============================================================

この世の全てのものに命があることを愛しく感じます

たとえそれが土に埋もれた小さな石でも。。。

★河原の石とて夢を見る、路傍の石とてもの想う★

名づけて 『夢想石』

只今「流水の錦」シリーズ&「石猫」「じゃりねこ」シリーズ展開しています

今後ともどうぞ宜しくお願い致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。