スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山法華経寺

決算に入り身体が固まって動かなくなりました

そんなわけで昨日はふらりとお出かけ。。。

千葉県市川市下総中山にある「中山法華経寺」に行って来ました

DSC_3160.jpg


丁度競馬開催日とぶつかって道路はほとんど侵入禁止!
やっとのことでたどり着きましたが温かい日差しに包まれ桜や梅も観ることができて
すっかり心も身体もほぐれましたよ^^

DSC_3168.jpg


大仏様は細身で今風イケメンです
つい見とれてしまいました~♪

DSC_3227.jpg
DSC_3233.jpg

境内には沢山のねこちゃんが地域ねことして皆さんにかわいがれ保護されています
人間が近づいても触ってもこのまんま



DSC_3262.jpg


中山法華経寺の荒行はとても有名でこの「荒行堂」からも悲鳴に近い読経の声が漏れていました
この扉はどんな理由があろうとも修業が終わらない限りは開かないといいます

名物の”きぬかつぎ”を頂きに入ったお店では年期の入った”招き札”に感動!!
「レンタルボックス」もあったりして同業者として話も弾みました
また新たな活動が広がる予感もありな楽しい一日でした。。。

。。。と終わらず

この足で東京向け
月箱にチョコッと顔出して
ねこ×はんさんに「にしきあん」のオリジナルはんこ作っていただいて
カールじいさんはお風呂の換気扇を直して
はずれたカーテンレール直して
外壁の落ちそうな満月をしっかり付け直して

幸楽苑でラーメンと餃子食べてやっと帰宅

これで終わりの一日でした
やれやれ(笑)





コメントの投稿

非公開コメント

マメ~!(^^)

こんにちは!

決算はアタマばかり使うので
どうしても詰まり気味になりますよね~(^^;

よくわかります。

ガラッと違うことをしたり、出かけたりすると
驚くほどまっさらな気持ちになれますね(^^)

それにしてもマメなお2人に脱帽!

わたしも日曜日はガラガラッと違う日です。
洗う&清める はスカッとします。
走って汗を流します。
パンを焼いて明日の糧を用意します・・・

これがあってこそ、月曜からまた
始められる気がしますねぇ~☆

懐かしい!!

中山法華経堂、すごく懐かしいです!!
(何という儀式?名なのかはわからないのですが)
知り合いのお坊さんが荒行に入っていると、確か1月中くらいに
荒行をしているそのお坊さんに面会できる日っていうのがあって*
お堂の中で白装束+荒いむしろに正座したお坊さんに面会し、
(その際「絶っっっ対に触れてはいけません!」と何度も注意を受けます)
帰り際、知り合いを含めたたくさんの荒行中のお坊さんたちが
凄まじいダミ声でお経を大合唱する中、無病息災を祈祷してもらい
ラストにデカい巻物?で、背中をひと突きされる(!)という行事に
幼い頃~数年前まで、何度か参加してことがあります。
ド迫力かつ静かな緊張感と清らかさが入り交じる不思議な空間が
何ともいえず好きだった記憶があります^^ふと思い出しちゃいました♪

Re: マメ~!(^^)

>みなりんさん

コメントありがとうございます^^
みなりんさんと違って経理向きの頭ではないので”決算”時期はホントに辛いです(;;)

でも、全て終えた時のあの開放感はたまりませんねぇ~v-516

今年はこれが終わったら姉の還暦祝い旅行があります
それを楽しみに頑張りますv-91

Re: 懐かしい!!

>makiさん

そうだったんですか~
奇遇ですね^^

中山法華経寺は私の祖父が一代法華ということで信心していた時期があります(元は天台宗なんですがね)
私が子供の頃は毎月お坊さんが自宅にいらしてお経を上げて下さっていました
あのカスタネットのような拍子木のようなもので頭を抑えられ袈裟のたもとがとてもくすぐったかったことを今でも覚えています^^
他の宗派に比べてパフォーマンスがとても派手で生きる力を直接感じますね

そんなわけで私にとってもとても懐かしい場所なんです

今の私は特に信じている宗教というものはないのですが
何かの力で生かされている守られているというのは強く感じ感謝しています

節操がないといえばそうかもしれませんがどのお寺や神社に行っても
その場の空気を深く吸い込み頂きます
お願い事はせずただただ「ありがとうございます」と唱えます

「中山法華経寺」はこれからも時々お参りに伺いたい私のパワースポットです

プロフィール

錦庵

Author:錦庵
こんにちは!錦庵と申します
この度は当ブログをご覧頂きありがとうございます

4人の子供が独立したことを機に長年の夢であった
レンタルボックス「月箱」を2006年10月に渋谷にオープン致しました
http://www.tsukibaco.com/
そこには総数1100名以上の作家さんが全国から集い
私自身も大きな刺激を受けました

元々何かを作ることは大好きでしたので当初は石に千代紙や布を貼りペーパーウェイトを作っていましたが…
2009年3月愛猫(15歳)が体調を崩し動揺する心の中で
せめて石にこの子の姿を残しておこう!と作ったのが”石猫”の始まりです

幸い石猫に描いてから愛猫はすっかり元気になり家の中でスキップしています(笑)

極小の「じゃりにゃんこ」を含め現在に至るまで900匹以上の石猫を製作し、ほとんどの石猫が嫁ぎ皆様に愛されています



===============

オーダーも常時承っています。
ご希望の方はお気軽に
下記までメッセージをお願い致します。


nishiki@tsukibaco.com


詳細につきましては御相談にも応じます。

また、オーダー頂いた作品につきましては当ブログや作品紹介帳などでご紹介させて頂きますのでご了承ください。

===============


通常販売は「月箱」と中山法華経寺参道にある「カフェ楽舎」のみですが東京ビッグサイトで年二回開催されます「デザインフェスタ」にも出展しています

これからも石というキャンバスの可能性を更に追求していきたいと思っています

============================================================

この世の全てのものに命があることを愛しく感じます

たとえそれが土に埋もれた小さな石でも。。。

★河原の石とて夢を見る、路傍の石とてもの想う★

名づけて 『夢想石』

只今「流水の錦」シリーズ&「石猫」「じゃりねこ」シリーズ展開しています

今後ともどうぞ宜しくお願い致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。