スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい知らせ

シンガポールに住んでいる長男夫婦から昨日とても悲しい知らせがありました

一緒に済んでいる4匹の猫ちゃんのうちの一匹(名前は”るる”です)が突然天国に行ってしまったのです

前日急に歩けなくなったと知らせがあり病院ですぐ診てもらいました
熱があることと関節炎程度の炎症ということで安心していましたが夜になって突然逝ってしまったのです

まだ7歳ということですのでチョッと早いとは思いますがこれも寿命だったのかもしれません

4匹の中で一番元気の良い人なつこい猫ちゃんで私があちらに伺った時も一番最初に近づいてきて
「よく遠いところまでおいで下さいました~」と鳴きながらコロンと横になりお腹を見せて甘えてくれました
お腹をなでてあげるとヨダレを流してゴロゴロといってあの可愛さは今も忘れることができません

石に描いてあげていて良かったと思います

「リビングのテーブルに4匹並んでいるので淋しくなったらこの”るる石”を撫でてあげるよ」という息子からのメールにまた涙。。。

遠い異国で暮らす若き二人をいつも支えてくれた小さな命
感謝と敬意を添えてここに記させて頂きます

るる長い間ありがとう!
安らかに眠ってください

DSC05159.jpg

DSC03895.jpg






コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

ブログとミクシィで、るるのことを取り上げてくれてどうもありがとう。
少しずつ、気持ちの整理はついてきていると自分では感じています。

日本語だけは話さないものの、猫は賢い生き物ですからね、抑揚で
十分話は通じるものだし、猫が喜んでいるのか、困っているのか、
豊かな表情でしっかり読み取る事ができますし、こちらの気持ちを
伝える事もできます。

間違いなく人間で言うならば3、4歳の知能はもっているはず。
こちらがるるをとても好きだと言うことも伝えられていたと思うし、
るるが我々を大好きで、信用してくれていた事もよくわかっています。
だからこれだけ大きな喪失感を感じるのでしょう。

仕事が遅くなって帰ってくると、お腹を揺らせながらも「お帰りー」と
迎えにやってきて足にごんごん頭をぶつけて、お腹を撫でさせる・・・。
これをやっていると、家に帰ってきたという気持ちのスイッチが切り替わり
ほっと一息つく事がいつもできました。これがなくなってしまう事を
恐れていたら、なんと最近はもう一匹の猫のむーが一生懸命出迎えを
してくれています。家族のあいた穴を塞ぐため、彼女の取る行動は
この数日間大きく変わっています。無理しないかこっちが心配してしまう
くらい。

周りの支えで、再び立ち上がり、前に進んでいく事ができそうです。
家族の大切さ、命の儚さ、みんなで食事の後くつろぐ時間の美しさを
強く思い直す事ができました。るるに恥じない生き方をしたいと思います。

No title

>kuwaminoさん

こちらこそコメントありがとうございます

皆さんの温かいお心が有り難いですね^^

るるに代わってむーちゃんがお出迎えをしているとのこと
なんだかまたじ~んとしてしまいました

猫は大昔から人間と暮らし人間の言葉は全て理解しているのでしょうね^^
まだまだ一人よがりで理解していないのは人間の方かもしれません。。。

トロも私が泣いていると心配そうに側に来て涙をなめてくれます
人間よりもある意味感情豊かな仲間ですね

これからは二人と3匹。。。
がんばってくださいね



プロフィール

錦庵

Author:錦庵
こんにちは!錦庵と申します
この度は当ブログをご覧頂きありがとうございます

4人の子供が独立したことを機に長年の夢であった
レンタルボックス「月箱」を2006年10月に渋谷にオープン致しました
http://www.tsukibaco.com/
そこには総数1100名以上の作家さんが全国から集い
私自身も大きな刺激を受けました

元々何かを作ることは大好きでしたので当初は石に千代紙や布を貼りペーパーウェイトを作っていましたが…
2009年3月愛猫(15歳)が体調を崩し動揺する心の中で
せめて石にこの子の姿を残しておこう!と作ったのが”石猫”の始まりです

幸い石猫に描いてから愛猫はすっかり元気になり家の中でスキップしています(笑)

極小の「じゃりにゃんこ」を含め現在に至るまで900匹以上の石猫を製作し、ほとんどの石猫が嫁ぎ皆様に愛されています



===============

オーダーも常時承っています。
ご希望の方はお気軽に
下記までメッセージをお願い致します。


nishiki@tsukibaco.com


詳細につきましては御相談にも応じます。

また、オーダー頂いた作品につきましては当ブログや作品紹介帳などでご紹介させて頂きますのでご了承ください。

===============


通常販売は「月箱」と中山法華経寺参道にある「カフェ楽舎」のみですが東京ビッグサイトで年二回開催されます「デザインフェスタ」にも出展しています

これからも石というキャンバスの可能性を更に追求していきたいと思っています

============================================================

この世の全てのものに命があることを愛しく感じます

たとえそれが土に埋もれた小さな石でも。。。

★河原の石とて夢を見る、路傍の石とてもの想う★

名づけて 『夢想石』

只今「流水の錦」シリーズ&「石猫」「じゃりねこ」シリーズ展開しています

今後ともどうぞ宜しくお願い致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。