スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャムネコもどき

猫種というのは現在掛け合わせの結果無限にあるような気がします

「月箱」のるなも沢山の猫種のミックスのようで
当初は”白猫”という印象が強く、耳と尻尾にチョコレートブラウンがあり背中にはカフェオレのようなごくごく淡いブラウンがのっていただけでした

10ヶ月経った今はその背中のブラウンがどんどん濃くなりチョコレート色に変化しています

縞々も淡く出現しているのでこれからどんな変化を見せてくれるのかとても楽しみです

今日の猫はシャムネコミックス。。。?
純粋なシャムはもっとスレンダーボディで耳がとても大きいのです
バーマンとかトンキニーズとか入っているのかな?
サファイアブルーアイはそのままです

基本はアクリル絵の具ですが今回はグラデーションの表現に油性色鉛筆を使用しました

DSC05052.jpg






コメントの投稿

非公開コメント

技法について

初めてにしきあんさんの作品と出会ったときの作品は、
和紙や千代紙を貼りつけて描かれていると聞きました。

こちらやじゃりーずたちは、絵具を使っているのですか。

シャム特有の顔とか、お耳のふちの黒と焦げ茶の感じが素晴らしいですね。

背中の部分も、石が題材だということを忘れるような毛のうねりを
写真越しでも感じとれます。ああ…るなもいつか焦げ茶美人になるのですな~

Re: 技法について

>ユウさん

初期の頃は布を貼ったりそのまま千代紙を貼ったりして遊んでいましたが
そのうちにそれでは自分の表現したいものが表現出来なくなってきて和紙に自分で絵を描きそれを貼り付けるようになりました

錦鯉シリーズのように水の深さを表したいときはそれを何回も重ね貼りしていき筆も加えています

猫については細かい表現が多いので直接描くほうが満足できますのでそうしています

これからも一つの技法にこだわらず対象によって色々な技法を使っていきたいと思います



プロフィール

錦庵

Author:錦庵
こんにちは!錦庵と申します
この度は当ブログをご覧頂きありがとうございます

4人の子供が独立したことを機に長年の夢であった
レンタルボックス「月箱」を2006年10月に渋谷にオープン致しました
http://www.tsukibaco.com/
そこには総数1100名以上の作家さんが全国から集い
私自身も大きな刺激を受けました

元々何かを作ることは大好きでしたので当初は石に千代紙や布を貼りペーパーウェイトを作っていましたが…
2009年3月愛猫(15歳)が体調を崩し動揺する心の中で
せめて石にこの子の姿を残しておこう!と作ったのが”石猫”の始まりです

幸い石猫に描いてから愛猫はすっかり元気になり家の中でスキップしています(笑)

極小の「じゃりにゃんこ」を含め現在に至るまで900匹以上の石猫を製作し、ほとんどの石猫が嫁ぎ皆様に愛されています



===============

オーダーも常時承っています。
ご希望の方はお気軽に
下記までメッセージをお願い致します。


nishiki@tsukibaco.com


詳細につきましては御相談にも応じます。

また、オーダー頂いた作品につきましては当ブログや作品紹介帳などでご紹介させて頂きますのでご了承ください。

===============


通常販売は「月箱」と中山法華経寺参道にある「カフェ楽舎」のみですが東京ビッグサイトで年二回開催されます「デザインフェスタ」にも出展しています

これからも石というキャンバスの可能性を更に追求していきたいと思っています

============================================================

この世の全てのものに命があることを愛しく感じます

たとえそれが土に埋もれた小さな石でも。。。

★河原の石とて夢を見る、路傍の石とてもの想う★

名づけて 『夢想石』

只今「流水の錦」シリーズ&「石猫」「じゃりねこ」シリーズ展開しています

今後ともどうぞ宜しくお願い致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。